証券会社

SBI証券・住信SBIネット銀行を1クリックで同時口座開設する方法【画像付き】

SBI証券・住信SBIネット銀行を1クリックで同時口座開設する方法【画像付き】

SBI証券で米国ETFや米国株を購入する場合、提携銀行である「住信SBIネット銀行」を利用することで、為替手数料を抑えて投資を行うことができます。

しかし、証券会社と銀行の両方の口座を開設するのは意外と面倒だったりします。

そこで、本記事では、ワンクリック・ワンタップで、SBI証券と住信SBIネット銀行を同時に口座開設する方法を解説します。両方の口座開設を別々に行い連携させるのは面倒ですが、以下の方法を利用すれば、手間を省いて、口座開設と連携が行えます。

SBI証券と住信SBIネット銀行の口座を同時に開設し連携させる方法

SBI証券と住信SBIネット銀行の口座を同時に開設し連携させる方法は極めて簡単です。

SBI証券の口座開設申込みで、途中に出てくる住信SBIネット銀行も同時口座開設するという欄にチェックを入れるだけで、SBI証券と一緒に住信SBIネット銀行の口座開設が行えます。

>>> SBI証券と住信SBIネット銀行の口座開設申込み(無料)

具体的には、下図のように、SBI証券の口座開設画面(下部)の「住信SBIネット銀行、SBIハイブリッド預金、預り金自動スィープサービス」のチェック欄がにチェックを入れ、SBI証券口座開設を完了することで、住信SBIネット銀行も同時に口座開設し、連携ができます。

SBI証券と住信SBIネット銀行の同時口座開設の方法SBI証券と住信SBIネット銀行の同時口座開設の方法

SBI証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで、最大15万円がもらえます(10月31日まで)

SBI証券 公式ページ

また、SBI証券の口座開設方法を知りたい方は、以下をご参照ください。

SBI証券と住信SBIネット銀行のメリット

次に、SBI証券と住信SBIネット銀行の口座開設をするメリットを復習していきます。特徴を確認したい方は、ご参考ください。

SBI証券と住信ネット銀行のメリットはたくさんありますが、両方の金融機関の連携がメリットとなるのは、主に以下の2点があります。

SBI証券と住信ネット銀行の連携メリット
  • 普通預金の金利が0.01%になる(SBIハイブリッド預金)
  • 為替手数料を抑えて外国株式・ETFに投資ができる

以下、各項目・メリットを詳しく見ていきます。

SBIハイブリッド預金で普通預金金利が0.01%

住信SBIネット銀行の普通預金金利は0.001%とゆうちょ銀行やメガバンク並みの水準ですが、SBI証券と連携(SBIハイブリッド預金)することで金利が0.01%と10倍になります。マイナス金利の導入により、他の銀行金利が下がる中、かなりお得な水準です。

為替手数料を抑えて外国株式・ETFが売買できる

外国株式や海外ETFを取引する方は、SBI証券と住信SBIネット銀行を利用することで、取引コストを劇的に抑えることができます。

下表は、外国株式や海外ETFが購入可能なネット証券会社の米国株・ETFの手数料を比較した表です。

売買手数料は、楽天証券・マネックス証券と同水準の安さですが、為替手数料は住信SBIネット銀行で格安に両替できるSBI証券が最も安くなっています。そのため、取引にかかるトータルコスト(売買手数料+為替手数料)は、SBI証券が最も安くなります。

証券会社 売買手数料 為替手数料
SBI証券 約定額の0.45%
(最低5ドル、最大20ドル)
0.25円
住信SBIネット銀行で0.04円
マネックス証券 0.25円
楽天証券 0.25円

海外へ投資する際の手数料(コスト)は国内株式などと比べて、かなり割高ので、SBI証券と住信SBIネット銀行の合わせ技でコストを抑えて、投資すると良いでしょう。ちなみ、SBI証券のNISA口座であれば海外ETFの買付手数料無料になるので、かなりおトクです!

SBI証券 公式ページ

このように、SBI証券と住信SBIネット銀行の合わせ技で運用パフォーマンスを向上することが可能です。両金融機関の同時口座開設や連携は、本記事の前半で解説したように簡単なので試してみてください。

SBI証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで、最大15万円がもらえます(10月31日まで)

SBI証券 公式ページ

SBI証券は、米国株・ETFだけでなく、投資信託の品揃え等も良くコストも業界最安水準です。また、IPOやPTSなど、様々な独自のメリットがあります。口座開設費・維持費は無料ですので、口座を持っていない方は、この機会に口座を開設してみると良いかもしれません。

SBI証券の特徴

SBI証券
  • 2018年オリコン:ネット証券部門で第1位(3年連続)
  • 投資信託の保有中に高還元ポイントバック!
  • 海外ETF・株式が最安手数料
  • 個人向け国債の購入で現金がもらえる!
  • PTS(夜間取引)など国内株式も充実!
  • 独自のIPO当選システム「IPOチャレンジポイント)

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大15万円がもらえます。(10月31日まで)

>>> SBI証券 公式ページ

SBI証券の米国株・ETF取引に関する詳細は、以下をご参照ください。

SBI証券で米国ETFを売買・取引するメリット・デメリットは?手数料など他社と比較
SBI証券で米国ETFを売買・取引するメリット・デメリットは?手数料など他社と比較SBI証券は、ネット証券No.1の外国株式・ETFの取扱量と、最安水準の売買手数料で、海外・米国株式市場への投資を目的とした個人投資家に...